Android Studioを使用してアプリケーションを開発しているときに、以下のエラーが表示されjcenterに接続できないということがありました。

Could not get resource 'https://jcenter.bintray.com/com/android/tools/build/gradle/1.2.3/gradle-1.2.3.pom'.
Could not HEAD 'https://jcenter.bintray.com/com/android/tools/build/gradle/1.2.3/gradle-1.2.3.pom'.
peer not authenticated

どうやら極めて特殊なプロキシー環境下でHTTPSを使用してjcenterに接続しようとするとエラーになってしまうようです。

Windowsの環境変数の設定画面って昔からずっと変わっていません。使いにくいままです。小さなテキストボックスでPATHを編集するなんて苦行ですよ。探してみると環境変数を設定するツールがいろいろとあります。その中でも特に使いやすかった Rapid Environment Editor を紹介します。

Eclipseを使ってJava FXのプログラムを書き始めたら、なぜかJava FXクラスの自動補完が機能しませんでした。 JDK 1.8にはJava FXのライブラリーが標準で含まれているはずですが・・・。

調べてみたところ、EclipseでJava FXの開発をするときには e(fx)clipse - IDE をインストールする必要があるということでした。

最近、Windows 10を使い始めました。ん? エクスプローラーやデスクトップで右クリックを押したときに、コンテキストメニューが表示されるまでにずいぶんと時間がかかります。遅い。遅すぎます。 Windows 8.1のときはこんなことなかったのに・・・。

調べてみると、コンテキストメニューハンドラーというものがあって、ここに良くないものが1つでも登録されているとコンテキストメニューの表示が遅くなってしまうようです。

私の環境ではIntelのグラフィックス・プロパティーグラフィックス・オプションが影響していました。これをコンテキストメニューハンドラーから外すことで、コンテキストメニューがすばやく表示されるようになりました。

Windows Server 2012 R2のプロダクトキー入力で正しいプロダクトキーを入力しているにもかかわらず、"このキーは使用できません。キーを確認してやり直すか、別のキーを試してください。"と表示されてしまうことがあります。

このエラーメッセージからは判断するのは難しいのですが、コンピューターがインターネットに接続できない状態だと正しいプロダクトキーを入力しても弾かれてしまうのです。

実は、インターネットに接続されていないオフライン状態のコンピューターでもプロダクトキーを入力して認証する方法があります。今回はオフラインでプロダクトキーを入力する方法を紹介します。

Visual Studio (C/C++)では新しいWin32プロジェクトを作成するときに、アプリケーションの種類としてWindows アプリケーションまたはコンソール アプリケーションを指定することができます。

プロジェクトをコンソールアプリケーションで作り始めて、途中でWindowsアプリケーションに変更したくなることもありますよね。今回は、既存プロジェクトのアプリケーションの種類を変更する方法を紹介します。

Visual Studio

Java Native Interface (JNI)用のDLLをVisual Studio 2012で作成していたときのことです。IntelliSenseが式にはポインター型が必要ですというエラーメッセージを出力するので悩んでしまいました。ビルドは成功するのですが、なぜかインテリセンスのエラーが消えません。

原因を調べてみると、Visual Studio 2012の不具合であるということが分かりました。