Javaで簡単にPDFの作成・加工ができるライブラリー Apache PDFBox。用紙サイズのプリセットとしてPDRectangle.A4PDRectangle.A3が定義されていますが、これらの用紙はすべて縦向きになっています。

A4横などの横向き用紙にしたいときはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、Apache PDFBoxで用紙を横向きにする方法を2つ紹介します。

Androidアプリケーションのコンポーネントには、アクティビティ、サービス、コンテンツ プロバイダ、ブロードキャスト レシーバーの4種類があります。アクティビティは画面を持つコンポーネント、サービスはバックグランドで動作するコンポーネントです。

アプリケーションの形態によっては、バックグランドで動作しているサービスからアクティビティを開始して画面表示をしたい、といったことがあります。

startActivityメソッドでインテントを送信することでアクティビティを開始する方法が良く知られていますが、実はこの方法には状況によって5秒程度の時間がかかるという落とし穴があります。

リモートデスクトップの既定の設定では、ユーザーごとにセッションを1つしか確立できないように制限されています。

これは、複数のメンバーが共同でサーバーの管理をおこなっているような場合に不便に感じることがあります。それぞれのメンバーが個別のユーザーアカウントを利用していれば良いのですが、Administratorアカウントを共用していたりすると、他のメンバーがリモートデスクトップ接続したときに既存のメンバーのリモートデスクトップ接続が勝手に切断されてしまうことになります。

ユーザーごとの1セッション制限を解除することで、この問題を解決し複数のメンバーが同時にAdministratorアカウントを使ってリモートデスクトップ接続ができるようになります。

今回は Windows Server 2016 での設定方法を解説します。

VMware Workstation 12 PlayerにはISOディスクイメージからOSの種類を判別して適切な構成でインストールする簡易インストール機能があります。

とても便利なのですが、この簡易インストール機能をWindows Server評価版のインストールに使用すると、

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項が見つかりません。インストール元が有効であることを確認し、インストールを再実行してください。

このようなメッセージが表示されてインストールに失敗してしまいます。

Google Chromeを使っていてサイトへの接続に非常に時間がかかることがありました。 PCをスリープから復帰させた直後の初回アクセス時に発生することが多いように感じます。

プロキシスクリプトをダウンロードしています

この問題が発生したとき、Google Chromeの左下にはこのようなメッセージが表示されていました。

設定の読み込みなどの初期化処理のためにプログラムの起動に時間がかかることありますよね。ユーザーがプログラムをダブルクリックして起動しようとしたときに、すぐに反応がないと「あれ?ちゃんとダブルクリックできていなかったかな?」と心配になったり、さらにもう一度ダブルクリックしてしまうこともあります。

少しでも起動に時間がかかるプログラムの場合は、先にスプラッシュ・スクリーンを表示しておくことで、ユーザーにプログラムの起動が始まっていることが伝わります。また、スプラッシュ・スクリーンに目を通している間にプログラムが起動することで起動時間を体感的に短く感じる効果もあります。

今回は、JavaFXアプリケーションでスプラッシュ・スクリーンを表示する方法を紹介します。

Java 8u40で、待望のメッセージ・ダイアログがJavaFXに追加されました。 Alertクラスとして提供されるメッセージ・ダイアログはとても便利なんですが、少しだけ不満もあったります。

その不満の1つが「いつもスクリーンの中央に表示されてしまうこと」です。

メッセージ・ダイアログには親ウィンドウが存在することがほとんどですから、スクリーンの中央ではなく親ウィンドウの中央に表示して欲しいものです。

今回は、JavaFXのメッセージ・ダイアログを親ウィンドウの中央に表示するテクニックを紹介します。

Javaでプラグイン機構を作ったときのお話です。プラグインをJARファイルとして実装して動的にロードさせることは簡単にできたのですが、そのプラグインJARファイルがネイティブライブラリー(DLL)を必要とした場合に、DLLを動的にロードさせるのに手間取りました。

実行時にjava.library.pathを変更して、ユーザーが指定した場所にあるDLLをロードできるようにする方法を紹介します。

実行プログラムと同じ場所にある設定ファイルを読み取るために、実行プログラムのファイルパスを取得したいことありますよね。

Javaの実行プログラム(実行可能JARファイル)の実行時ファイルパスを取得する方法を紹介します。

2017年7月10日~11日までの2日間開催されていたAmazonプライムデーで、Fire HD 8が半額の5,980円で販売されていたので購入してみました。

この端末にはFire OSという専用のOSが搭載されているのですが、中身はほとんどAndroidです。

ADB接続も簡単にできるのでAndroidアプリケーション開発時の動作検証用タブレット端末としても役立ちます。開発用PCのスペックが低いとAndroidエミューレーター起動するのも重荷ですからね。実機があるとデバッグも楽になります。

今回はFire HD 8ADBを有効にしてAndroid Studioから認識できるようにする方法を解説します。

Javaでアプリケーションを作っているときに漢字の読み仮名を取得したいことがありました。探してみたのですがJavaだけで実現する方法は見つからず。Windowsであれば、imjpapi.dllを使うことで読み仮名を取得できることが分かりました。

そこで、Javaから呼び出せるようにimjpapi.dllのラッパーを作成してみました。

任天堂から毎年恒例のお誕生月割引の案内が届きました。任天堂の3DSWii Uダウンロードゲームが 30%引き で買えるお得なサービスです。

残念ながら、発売したばかりのNintendo Switchゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Wii U版)は対象になっていませんでした。

それでは、2017年4月のお誕生月割引対象ソフト 10本 を見ていきましょう。