バッチファイルで使えるショートカット作成コマンド

実行ファイルへのショートカットをバッチファイルから作成する方法を紹介します。

ショートカットを作成する機能は ShellLink オブジェクトによって提供されています。ShellLink オブジェクトは Windows Scripting Host WSH からも呼び出せるので VBScript VBS JScript でショートカット作成コマンドを実装することもできるのですが 今回は C++を使って実行ファイル EXE としてショートカット作成コマンドを実装してみました。

C++から ShellLink を使う方法はマイクロソフトのサイトで丁寧に解説されています。

上記を参考に実装したソースコード shortcut.cpp がこちらです。

⇒ ビルド済みバイナリのダウンロードと使い方はこちら

shortcut.cpp
#include <windows.h> #include <tchar.h> #include <locale.h> #include <shobjidl.h> #include <shlguid.h> #pragma comment(lib, "ole32.lib") LPTSTR get_message(HRESULT hr) { LPTSTR msg; FormatMessage(FORMAT_MESSAGE_ALLOCATE_BUFFER | FORMAT_MESSAGE_FROM_SYSTEM, NULL, hr, MAKELANGID(LANG_NEUTRAL, SUBLANG_DEFAULT), (LPTSTR)&msg, 0, NULL); return msg; } int _tmain(int argc, TCHAR* argv[]) { TCHAR filepath[MAX_PATH]; TCHAR linkpath[MAX_PATH]; IShellLink* pShellLink = NULL; IPersistFile* pPersistFile = NULL; HRESULT hr; LPTSTR msg = NULL; int return_code = 0; _tsetlocale(LC_ALL, _T("")); if(argc != 3) { _tprintf( _T("usage: shortcut.exe <filepath> <linkpath>¥n") _T("¥n") _T("Special Folders¥n") _T(" Desktop = %%USERPROFILE%%¥¥Desktop¥n") _T(" Startup(user) = %%APPDATA%%¥¥Microsoft¥¥Windows¥¥Start Menu¥¥Programs¥¥Startup¥n") _T(" Startup(all users) = %%ALLUSERSPROFILE%%¥¥Microsoft¥¥Windows¥¥Start Menu¥¥Programs¥¥Startup¥n") _T("¥n") _T("Example¥n") _T(" shortcut.exe ¥"C:¥¥Windows¥¥System32¥¥notepad.exe¥" ¥"%%USERPROFILE%%¥¥Desktop¥¥notepad.lnk¥"¥n") ); return_code = 1; goto EXIT; } if(GetFullPathName(argv[1], MAX_PATH, filepath, NULL) == 0) { DWORD e = GetLastError(); _tprintf(_T("FAILED: GetFullPathName(¥"%s¥"): %d: %s¥n"), argv[1], e, msg = get_message(e)); return_code = 2; goto EXIT; } if(GetFullPathName(argv[2], MAX_PATH, linkpath, NULL) == 0) { DWORD e = GetLastError(); _tprintf(_T("FAILED: GetFullPathName(¥"%s¥"): %d: %s¥n"), argv[2], e, msg = get_message(e)); return_code = 3; goto EXIT; } hr = CoInitialize(NULL); if(FAILED(hr)) { _tprintf(_T("FAILED: CoInitialize: 0x%08x: %s¥n"), hr, msg = get_message(hr)); return_code = 3; goto EXIT; } hr = CoCreateInstance(CLSID_ShellLink, NULL, CLSCTX_INPROC_SERVER, IID_IShellLink, (LPVOID*)&pShellLink); if(hr != S_OK) { _tprintf(_T("FAILED: CoCreateInstance(CLSID_ShellLink): 0x%08x: %s¥n"), hr, msg = get_message(hr)); return_code = 4; goto EXIT; } hr = pShellLink->SetPath(filepath); if(hr != S_OK) { _tprintf(_T("FAILED: IShellLink::SetPath(¥"%s¥"): 0x%08x: %s¥n"), filepath, hr, msg = get_message(hr)); return_code = 5; goto EXIT; } hr = pShellLink->QueryInterface(IID_IPersistFile, (LPVOID*)&pPersistFile); if(hr != S_OK) { _tprintf(_T("FAILED: IShellLink::QueryInterface(IID_IPersistFile): 0x%08x: %s¥n"), hr, msg = get_message(hr)); return_code = 6; goto EXIT; } hr = pPersistFile->Save((LPCOLESTR)linkpath, TRUE); if(hr != S_OK) { _tprintf(_T("FAILED: IPersistFile::Save(¥"%s¥"): 0x%08x: %s¥n"), linkpath, hr, msg = get_message(hr)); return_code = 7; goto EXIT; } _tprintf(_T("%s -> %s¥n"), linkpath, filepath); EXIT: if(msg != NULL) { LocalFree(msg); } if(pPersistFile != NULL) { pPersistFile->Release(); } if(pShellLink != NULL) { pShellLink->Release(); } CoUninitialize(); return return_code; }

TCHAR を使っていますが TCHAR = WCHAR と決め打ちしている部分があるので ANSI 版としてビルドすることはできません。-DUNICODE -D_UNICODE を指定して UNICODE 版としてビルドしてください。ole32.lib のリンクも必要ですが これはソースコード内の #pragma comment で指定しているのでコマンドラインでの指定は不要です。

以下のコマンドでコンパイルできます。

コマンドプロンプト
C:¥>cl.exe -DUNICODE -D_UNICODE shortcut.cpp
C/C++コンパイラー
C/C++コンパイラー cl.exe Visual Studio VC++ Windows SDK Windows Driver Kit などに含まれています。Windows Driver Kit 7.1 のインストール手順について記事を書いたことがあります。参考にしてください。
👉 WDK 7.1 を使って Visual C++再頒布可能パッケージを必要としない実行ファイルをビルドする

ビルド済みのバイナリはこちらからダウンロードできます。

shortcut.zip (76KB)

使い方

shortcut.exe 2 つの引数を指定します。第 1 引数は実体であるファイルのパス 2 引数はショートカットを作成するパスです。ショートカットのパスの末尾は .lnk としてください。

1 引数 2 引数ともに相対パスを指定することができます。相対パスを指定した場合 shortcut.exe を実行したときのカレントディレクトリを基準に相対パスが解決されます。絶対パスを指定するほうが分かりやすいです。

パス指定には特殊フォルダーを示す環境変数を使うこともできます。環境変数の展開機能は shortcut.exe ではなく cmd.exe シェルによるものです たとえば デスクトップを指定する場合は %USERPROFILE%¥Desktop¥ が使用できます。

主な特殊フォルダー パス
デスクトップ%USERPROFILE%¥Desktop
スタートアップ
個人
%APPDATA%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup
スタートアップ
すべてのユーザー
%ALLUSERSPROFILE%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup

notepad.exe へのショートカットを メモ帳 という名前でデスクトップに作成する場合は以下のようにします。

コマンドプロンプト
C:¥>shortcut.exe "C:¥Windows¥System32¥notepad.exe" "%USERPROFILE%¥Desktop¥メモ帳.lnk"

引数を指定せずに shortcut.exe を実行すると簡単な説明が表示されます。

コマンドプロンプト
C:¥>shortcut.exe usage: shortcut.exe <filepath> <linkpath> Special Folders Desktop = %USERPROFILE%¥Desktop Startup(user) = %APPDATA%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup Startup(all users) = %ALLUSERSPROFILE%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup Example shortcut.exe "C:¥Windows¥System32¥notepad.exe" "%USERPROFILE%¥Desktop¥notepad.lnk"

ショートカット作成コマンド shortcut.exe の紹介は以上です。

この記事を共有しませんか?