Fire HD 8をAndroidアプリ開発に使う

2017年7月10日~11日までの2日間開催されていたAmazonプライムデーで、Fire HD 8が半額の5,980円で販売されていたので購入してみました。

この端末にはFire OSという専用のOSが搭載されているのですが、中身はほとんどAndroidです。

ADB接続も簡単にできるのでAndroidアプリケーション開発時の動作検証用タブレット端末としても役立ちます。開発用PCのスペックが低いとAndroidエミューレーター起動するのも重荷ですからね。実機があるとデバッグも楽になります。

今回はFire HD 8ADBを有効にしてAndroid Studioから認識できるようにする方法を解説します。

開発者オプションを表示してADBを有効にする

設定端末オプション をタッチします。画面の一番下にシリアル番号が表示されている部分があるので、ここを7回タップします。これで開発者オプションが表示されます。

開発者オプションが表示されたら、これをタッチします。開発者向けのオプションがいろいろと表示されています。

ADBを有効にするのチェックをオンにすると、PCとの接続時にADBデバイスとして認識されるようになります。

PCとUSBケーブルで接続する

あとはUSBケーブルでPCと接続するだけで、特に追加のドライバーをインストールする必要もなく、そのままADBデバイスとして認識してくれました。

コマンドプロンプトで adb devices コマンドを実行して、デバイスが表示されれば認識できています。

Androidのバージョンは? APIレベルは?

最後にAndroid StudioからFire HD 8の対応しているAndroidバージョンとAPIレベルを確認しておきましょう。

Fire HD 8Android 5.1.1、APIレベル22相当ということが分かりますね。

Android 5.1.1というのはコードネームLollipopに該当するもので、最初のバージョン(5.0)は2014年にリリースされました。2017年発売の端末でAndroid 5.1.1搭載というのは古めかしい感じもしますが… 5,980円ですからね、十分アリだと思います。