インストールせずにJDKを使う方法 その2 (x86/x64両対応)
2016-11-24   Java

以前の記事でJDKのインストーラーからファイルを抽出してインストールせずにJDKを使用するバッチファイルを紹介しました。あのバッチファイルではx86(32ビット版)のJDKイントーラーにしか対応していませんでした。今回は、x64(64ビット版)にも対応したJDK抽出用バッチファイルを紹介します。

JDK抽出用バッチファイル

はじめに、ExtractJDK.zip をダウンロードします。

JDKインストーラー(EXE)のダウンロード

Java SE DownloadsからJDKのインストーラーをダウンロードします。

抽出

ExtractJDK.zipを適当なフォルダーに展開して、そこにJDKインストーラーをコピーします。今回は jdk-8u112-windows-i586.exe(32ビット版) と jdk-8u112-windows-x64.exe(64ビット版) をコピーしました。

ExtractJDK.batを実行するとコマンドプロンプトが表示されます。

そのまま、しばらく待つと完了するので何かキーを押してコマンドプロンプトを閉じます。

JDKフォルダー jdk-8u112-windows-i586jdk-8u112-windows-x64 が出来上がっています! JAVA_HOMEをこのフォルダーに設定したり、下位のbinフォルダーにPATHを設定することでJava環境として使用することができます。